2019年に読んだ本



【目標】2019年に70冊の本を読みます!
1月
001-萩原浩「あの日にドライブ」人生を道路にたとえている物語
002-萩原浩「誘拐ラプソディー」誘拐犯の喜劇が面白い
003-萩原浩「ママの狙撃銃」人の命をテーマにしたサスペンス小説
004-萩原浩「僕たちの戦争」青春が戦争を語る名著
005-吉田修一「平成猿蟹合戦図」最後の最後にタイトルの狙いがわかる
006-米澤穂信「追想五断章」難解な本格ミステリー小説

2月
007-萩原浩「さよならバースディ」動物をここまで描ける凄い小説
008-萩原浩「愛しの座敷わらし上」群像で読み進める家族小説
009-萩原浩「愛しの座敷わらし下」家族の幸せの形が良い
010-吉田修一「愛に乱暴上」女の敵は女、というストーリー
011-山口あゆみ「名古屋円頓寺商店街の奇跡」シャッター街の復活レポート
012-吉田修一「愛に乱暴下」不倫にまつわる人間模様にゾッとする

3月
013-萩原浩「極小農園日記」萩原ファンは必読です
014-萩原浩「さよなら、そしてこんにちは」ユーモアな家族小説の短編集
015-萩原浩「逢魔が時に会いましょう」もののけ探しの短編集
016-萩原浩「花のさくら通り」シリーズ第3弾の面白さ

4月
017-萩原浩「ギブ・ミー・ア・チャンス」8つの短編集
018-朝日新聞取材班「負動産時代」時代の怠慢が出てきたと痛感
019-萩原浩「ひまわり事件」社会テーマが詰まった作品
020-萩原浩「金魚姫」金魚の化身の女性という設定がいい

5月
021-石田衣良「スイングアウト・ブラザーズ」非モテ男の奮闘記
022-原宏一「星をつける女」飲食業界の本質が楽しめます
023-内田樹編「街場の平成論」9名の論者による平成語り
024-萩原浩「噂」まさかの人物が犯人のミステリー作品
025-林真理子「ミルキー」ドロドロした男女の12編

6月
026-萩原浩「サニーサイドエッグ」探偵小説の第2弾
027-田原総一朗「殺されても聞く」政治の裏側が読み取れます
028-奥田英朗「ナオミとカナコ」女性心理の描写がさすがです