プロとは何か



うららかな陽気に後押しされて、気持よく過ごせた日曜日。そういえば今日から5月なんだなあ。鯉のぼりが元気に泳いでいました。

プロとは何か。この前、知人に誘われてプロのジャズミュージシャンによるミニライブに行ってきました。ピアノとドラムのセッションで、ジャズ未経験の私でも「ああ、これがジャズか」と肌で感じられましたね。楽器演奏は舞台での演奏や練習の賜物でしょう。いい音だな、と思いました。これぞ、プロ。

でも。そのミュージシャンのちょっとしたことがダメでしたね。それは演奏中にアルコールを飲んでいた、という事実。ワインを飲みながら、ビールを飲みながら演奏する姿を見てしまったら、どうにもプロじゃないと判断してしまったんです。私を含めた客に、失礼なのでは。例えば、プロ野球選手が試合中にビールを飲んでプレーするかな。さらに、演奏終わりにタバコをプカプカと吸い始めました。お客さんの前でね。私がプロ意識を高く求めすぎているのかな。それは各自が考えればいいことかもしれないけれど、どうにも気になったのでブログに綴ってみました。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。たぶんきっと、ピアノやドラムを上手に演奏できる人は多いはず。歌が上手い人だってそう。となると、その人の人間味、社会人としての素養などが大切になってくると思っています。うん。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!