プロとアマ



陽気な土曜日でした。でも、ケッタ移動の際は、まだまだマフラーが手放せません。手袋も必要です。空気は冷たいってことでしょうね。

プロとアマとの違いは何か。たぶん、背負っているものが違うのだと思うのです。自分が築いてきたこと、食っていくこと、その道の歴史や文化など。それらを背負って仕事すると、当然その佇まいには覇気が覆っていると感じます。

そう考えると、その道のプロの方と会える機会はとても貴重です。開幕したプロ野球はもちろんですが、今日、落語の寄席に行ってきました。これぞ落語、という一席でした。お客をひとりにさせない場づくりというのでしょうか、すべてにおいて心地よい、という感想です。そして、弟子に落語を指導されているそうです。立派。プロとして、最後の役割だなあ。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。じゃあ、僕は何のプロなんだろう。ああ、迷ってるかもしれません。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!