大工さんの仕事



寒い。でら寒い。週末は再び寒波が日本全体を覆うように到来です。うっかり寒くするのを忘れていた冬が、ここにきて元気になってきたようです。仕事の妨げになるかもなので、やめて欲しいけれど。

大工さんの建前を間近で見る機会がありました。一糸乱れぬ仕事ぶりは天晴でした。6人の大工さんがいたんですが、それぞれが役割を確実にこなしていくんですよね。お互いがアイコンタクトを交わしながら、こっちで木槌で打って、あっちで柱を建てていて、そっちで次の役割に移っているんです。クレーン車の木材運びも見事でした。ずーと見ていても飽きません。うっとりです。

大工さんの仕事はコンピューターでは出来ないよなあ。木材は気温や湿度によって、伸びたり縮んだりしますから、そこを経験と感で微調整しながら家を作っていきます。コンピューターではエラーになって立ち止まってしまうんじゃないかな。バス運転手と同じように、大工さんも人手不足と聞きます。それよりも大工さんが育っていないという話の方が気がかりです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。価格競争に落ち入るのではなく、技術や質の競争を起こさなければと思うのです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。