クラウドソーシングに挑戦中



2016年も1週間が経ちました。仕事にしてもプライベートにしても、準備運動の段階かな。と言いながらも、この時期だからこそできそうなことに取りかかっています。

クラウドソーシングをたまにのぞきます。それは、仕事を依頼したい企業と、仕事を受けたい個人をオンライン上でマッチングするネット上のサービスです。この画期的とも言えるサービスによって、フリーランスの僕は、仕事が無い、という状態はありません。そこをのぞけば、仕事がたくさんあり、すぐにでも提案できますから。ただ、当選(受注)するには、多くの提案の中から選ばれなくてはいけません。僕自身がエントリーした当初よりは、やっぱりその数も多くなっていると感じます。ライバルが多いってことです。

手放しでそのサービスを喜んでいるわけではありません。少なからずクラインアントからの直接の依頼が減ってしまうからです。また、コンペ形式のため、必ず選ばれるわけでもありません。そして、発注者と一度も会うこと無く進んでいく仕事に、未だに違和感がありますね。まあ、割り切ればいいんですけど。今年はどんどん提案していきたいと思っています。ちなみに去年は、クラウドソーシングで10万円も稼げませんでした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。仕事は無くなるんじゃなくて、そのやり方が変わってくると思っています。AIが発達してくると、ますますそうなりそうですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!