金は天下の回りもの



雨ですね。予定していたことが順延になりそうで、雨をちょっとうらめしくも思ってしまいます。まあ、雨は何も悪いことしてませんけどね。

物置の増設工事を業者にお願いしています。だいたい50万円から80万円ほどの工事です。金額の大小の感じ方が立場によって異なると思いますが、僕としては大きな金額です。きちんと支払える目処がたって、初めて業者さんに依頼できます。工事がすすんでいる現在も、緊張感を持っています。

そんな大きな金額だと思っている工事を見守りながら、新聞紙をひろげてみると、そこにはもんじゅの年間維持費に1000億円以上とあります。今までにかかったコストは20兆円とか。その金額の現実味がどうしても良くつかめないのが僕ですね。よくわかっていませんが、日本円の現金はいくらあるんだろう。借金は日本の信用で上積みされているんだから、現金は存在しないのでは…。この分野の勉強が必要ですねー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。印をつけたお札が、巡り巡って自分の手元に再び戻ってくるってドラマもありそうだなあ。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!