喫茶店に行ったら



NHKのクローズアップ現代を観たら、座り続けるのは危険だと知りました。座っていた時間を立つ時間にするよりも、体を動かす時間を増やしていきたいと思いましたね。ウォーキングがようやく日課の趣味になってきた結果だな。うん。

今日、喫茶店に行ったら、結構好みの子が接客してくれました。おお、緊張。その喫茶店は最近できた所で、前に行った時もちらっと見た記憶が蘇ってきました。さらに緊張。そんな時は妙に意識して、格好付けたくもなります。ふむ。といっても、自然体が一番良いようにな気もしますが。

もし、もしその子とどうにかなろうとするのならば、声を掛けるしかありませんよねー。あっちから、タイプです!、なんて夢のような黄色い声がかかってきたら、うれしすぎて倒れてしまうけれど、まあそんなことは幻だなあ。じゃあ、何と声をかけようか。かわいいねえ、と声をかければただの変態だし、今度お茶でも、となるとそこは喫茶店だから営業妨害になるし(考え過ぎか)、わざとスマホでも忘れて立ち去ったりするのがいいかな…。まずはそこに通い続けることだと決めました。うん。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。何はともあれ、働いている姿は素敵だな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!