手を合わせて「いただきます」



仕事も、プライベートも、充実した時間の使い方ができた一日でした。頭がグルグルと周り、中年の体は疲れがたまりますが、自分で自分を褒めたいという心が支えとなっています。うん。

この前、前から気になっていた製麺屋に行きました。持ち帰り餃子も扱っている中華の店なんです。でらあっさり味で、スルスルと胃袋におさまっていき、とても食べやすい美味しさでした。で、そんな食事中に、店のパートさんでしょうか、まかないを召し上がるタイミングだったんです。ふと、そちらの方を見ると、そのパートさんが手を合わせてから、ラーメンをすすられました。ああ、と思いましたね。感謝の気持ちに心が打たれました。その姿はとっても美しかったです。

さも当たり前のように食事にありついた自分がちょっと恥ずかしくもなりました。そうですよね、いただきます、という感謝の気持ちがどっかにいっています。同時に、ごちそうさまでした、という気持ちもね。両方の気持ちがあれば、ごはんがもっと美味しくなりそうです。うん。

今日もボクのブログにお越しくださりありがとうございます。お一人様で食事する機会が多いので、手を合わせるのは大袈裟になってしまうかもしれません。だから、胸中で祈りのように口ずさみたいです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!