おごるとおごられる



近所のウォーキングが日課になりつつあります。だいたい夕方に歩き始めますが、日の入りが少しだけ早くなったと言うことが肌で感じますね。もうすぐ秋です。

僕はおごることが好きです。もちろん、好きな人、尊敬できる人、頼りになる人にしかおごりませんけど、おごることが嫌いじゃありません。でもね、おごられることが嫌いな人がいます。おごろうとした方の立場がありませんよね。何なんでしょう、貸しを作られるのが嫌なのか、プライドが許さないのか、よくわかりません。

僕は素直におごっていただきますけど。支払おうとする姿勢やお礼は欠かしません。どうして他人におごるのかと言うと、おごってもらってきたからなんです。会社や学校の先輩、友人などにおごってもらいます。次の機会にその人におごる場合もあれば、別の人におごる時だってありますね。コミュニケーションのひとつだと僕は思っています。おごられたくない人は、次にあう機会を暗に断っているのかな。田んぼのあぜ道をウォーキングしながら、ふとそんなことを思いました。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。お金の使い方は誰から教わるのか。おごってくれた人から教えられたと振り返ります。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!