頼られる存在でありたい



とある講座に参加しました。一日中、室内での座学だったんですが、まあ寒いのなんの。クーラーがよく効く席だったため、低体温症になりそうでした。ずーと鳥肌が立ってましたもん。

さて、初めてお会いする人のことを知れば知ろうとする程、自分をさらけ出せないなあと感じます。それは聞き役に回ると言うことで、自分の事情を中々はさみこめないものです。自己PRをしかりとはさみながらも、相手のいろはを知る術を磨いていきたいですね。

この人なら、自分の弱い面を話せると思えるときがたまにあります。その逆も大切で、相手から弱さを語ってくれる人間にならなければと意識します。あいつには話せるけれど、こいつには話せないってことありますもん。情報通とはひと味違う、頼られる存在でありたいですねー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。たぶんきっと、何でも話せる人、ってのは自分の周りにはまだいないかも。家族をのぞいてね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!