幹事の力が身に付きました



ありがたいことに飲みに誘ってくれる方が自分の周りにたくさんいます。これは、人生の満足度に比例して多くなるのではと思っています。もちろん、僕から誘うことだってありますし。

たぶん、大学生になってすぐの頃、初めて飲み会の幹事をやってみました。場所選び、日時の調整、参加者集めに連絡など、すべて自分でやりました。この段取り力って、人生でとても大切だと僕は思っています。幹事をやったことがない、できない人って案外多いのではないでしょうか。

その初めての幹事としての飲み会は、酔っぱらいが乱入してきてゴチャゴチャしてしまい、いまだに良く覚えています。正確に数を数えていませんが、100回以上は幹事として飲み会を開いてきました。この経験はでら役立っているのはもちろんです。飲み会、旅行計画、ボランティア活動、仕事などなど、幹事の力が支えていると感じますから。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。幹事をやってきてよかった、とこれだけは自信をもって言えますよー。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!