小説を書いて応募します



行きつけの床屋で髪を切って、夏本番に向けての準備です。サイドをざっくりと刈り上げて、てっぺんを涼しげに空かしてもらったのでした。

小説の新人賞に応募するために、作品を書いています。だいたい一日に1時間くらい使って、多くて1000文字、少なくて400文字程度を書き重ねています。現状、規定文字数の半分よりちょっと多い程度で、先は長いのです。ストーリーも薄いですから。はは。

寝る前に書いていますが、まあ、怠け癖との戦いですね。明日こそ書こうと思ってもそうそううまくいきません。ストーリーが進まなくても、考える習慣だけは続けていきたいですね。昼間にでも、集中する時間を無理くり作るってのもすごくいいんですよー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。さて、ブログを書き終えた後に、小説を書くのでした。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。