頑張るご年配の方



昨夜、NHKの深夜番組を観ました。再放送のようでしたが、食い入るように観ました。その内容は、あの大震災後のある老夫婦のお話でした。詳細は割愛しますが、七十過ぎのお父さんが頑張る、とおっしゃていたことがずーと頭に残っています。

僕自身も頑張る、とよく言います。周りにも、頑張れよ、と声をかけます。心に引っかかったのは、ご年配の方が頑張るということなんです。体の心配もさることながら、長いこと生きてこられて、まだ頑張らなければいけない世の中なのか、とね。そのお父さんには、頑張らなくても良いから、ゆっくりしてくださいよ、と願わずにいられません。しかし、あの大震災は、あの原発事故は…。

ご年配の方が頑張る、中年の方が頑張る、学生さんが頑張る、子どもたちが頑張る、赤ちゃんが頑張る、そして自分が頑張る、その頑張るに込める気持ちは当然違うし、その頑張るで目指すゴールだって違いますよね。何よりも、本当に頑張らなければいけない人が、実は頑張っていないんじゃないか、ふとそんなことを思いました。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。頑張れよ、と言うよりも、お互い頑張ろう、と言った方がいいな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。