待つ人と待たされる人



風が強い一日でした。この風が、吉報でも運んできてくれるとうれしいですね。6月に入ったので、東海地方はもうすぐ梅雨入りです。

今日、所用があって、約束の時間に家で待っていたのです。この待つときって、何だかドキドキしますよね。話す内容はある程度決めているはずですが、さらに深く突っ込んで考えてしまいます。もしも遅れてくるようならば、トラブルでもあったのかしらと不安が過るのでした。ただ気が小さいだけかな。

逆に待たせる方もドキドキします。第一に相手が怒っていないか心配するし、移動手段はスピードアップを図らなければいけません。待つにしても、待たされるにしても、心が踊るような期待感がなければ、会った所で何の楽しみも生み出せないと思うのです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。僕はだいたい、待ち合わせ時間の20分前にはそこにいるように行動します。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。