肩が悲鳴をあげる



晴れ渡った日曜日。平凡な日曜日を過ごせたことに感謝です。

姪っ子とドッジボールの練習をしました。まだまだボールをとる姿勢がおっかなびっくりだったり、投げる姿勢もギクシャクしてたりと、可愛らしいほどです。おじさんとしては、こうやって投げなさい、こうとるんだよ、とか大人ぶってアドバイスするのでした。

で、しばらくボールを投げていると、肩が悲鳴を上げました。ひー。ボールを投げることさえ辛くなったのです。ひー。これが四十肩。愕然としましたね。それに、ボールを追いかけるだけでも息がすぐにあがるのでした。これが四十代か。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。おかげで今夜はぐっすり眠れそうです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!