現場の仕事



連日、選挙カーのドライバーの役割を受けています。選挙権がないけれど学生さんから、多くの励ましをもらえるのでとてもうれしいです。

街を良くするのは政治家ではありません。そこに住む住民ですよね。例えば、歩道にゴミが落ちていたら一体誰が拾うのか。近所の方かたまたま通った方だと思うのです。まあ、そのまま放置されているかもしれませんしね。

ゴミが落ちていないきれいな街にするために政治家は何をするべきか。市民の声を聞き、議会にあげることが一般的です。海外のようにゴミのポイ捨てをした人に罰金を科す条例を作ったり、ゴミ収集車の稼動を増やしたり、という案が出てきそうです。でも、そうじゃなくて、政治家が支援者を集めて、ゴミ拾いしても良いのではと思っています。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。政治家の仕事は議会ではなく現場で起きている、とね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。