イラレでデザイン



ひとつの広告を作るときは、たくさんの人が関わります。プロデューサー、ディレクター、コピーライター、プランナー、デザイナー、イラストレーター、スタイリスト、カメラマンなどなど。たくさんの人が関わる広告の仕事は大手の場合ですけどね。

僕みたいな小さな所だと、それらをほぼすべてやるわけです。もちろん、ひとりでね。本当はチームを組んでひとつの広告を作っていくのが理想だけれど、そううまくいかないのが現実。コピーライターが本業だから、デザイン以外は何とかこなしてきました。

でも、最近だと、そのデザインの役割も自分がやるような流れなんです。理由はこのブログでいつか語りたいですね。で、デザインをやるからにはアドビのイラストレーターを使いこなせなければお話しにならないのが業界事情。でら高いソフトを購入して、ハウツー本を読み漁り、カチカチやってきました。こつこつやっていくことで、目の前がひらけてくるんですよねー。まさか自分がイラレを使ってデザインするとは思っていませんでしたが、やるしかないぜえとなると、できるものですね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。こんな僕にデザインのご依頼をくださるクライアントに育ててもらっています。感謝。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。