開かずの踏み切り



お客さんとの打ち合わせのため、車で事務所へ向かいました。まだ雨が降り出す前で、順調に運転。もうすぐ到着だと思いながら、踏み切りで電車待ちとなりました。

で、しばらく待っていても、まだ警報機がカンカンとなり続けています。もうしばらくすると、停車していた車が次々に迂回し始めたのです。これは何かあったに違いない。そう思って、車から降りて、事情を確かめようとしました。踏み切り近くにいる方が出てきていたので、何か知っていないか聞いてみると、どうやら隣の踏み切りで車が立ち往生しているじゃあありませんか。肉眼でも車が遮断機にぶつかっているのがわかりましたね。

その方が言うには、よくあることだそうです。たぶん、狭い踏み切りで、車が脱輪したのではと推測します。電車もとまっていたので、ダイヤが乱れたと思います。開かずの踏み切りに立ち往生したのは、車だけではなく、歩行者も自転車も困っていました。けが人が出なかったことを祈りたいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。事故が起こらないことも大切ですし、事故が起こってしまってからの復旧対応も大切ですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!