ジャパンヤーンフェスタへ



今年もジャパンヤーンフェスタに行ってきました。地場産業の見本市で、糸やテキスタイル商品がずらっと並んでいて、歴史ある技術で仕上げられています。学生やクリエイターに寄るアパレルも見ることが可能。ファッションショーもありました。僕は去年に続いての来場で、2回目となります。

そのイベントを取材する立場で行ったため、商売っ気は持ち合わせていません。そのため、何の責任もなく糸やテキスタイル、アパレス商品を眺められました。一つひとつをじっくり見ると、でら面白いですね。普段は出来上がった服しか接していませんが、こうして原材料に触れてみると、アパレル世界の奥深さが分かります。

車を作る作業も同じですよね。エンジン、タイヤ、ネジなどが揃って車になります。服にしても、車にしても、その製作行程こそ大切な仕事です。ジャパンヤーンフェスタには、縁の下の力持ちが集まっているんですねー。その人たちがいるからこそ、拍手を浴びるべきだと思います。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。衣食住足りて礼節を知る、という言葉があります。地元では、その衣に関する仕事が多いんですから、誇らしいです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。