農業仲間と収穫祭



ありがたいことに農業が縁で、今でも仲良くしてもらっている方がたくさんいます。60代を越えた方たちが多い中、少しだけ若い僕を可愛がってくれているのだと思っています。

そんな仲間と一緒に収穫祭を開きました。元料理人やバリバリの主婦がいらっしゃるので、 料理は抜群にうまいのです。お腹いっぱい頂きました。げぷ。みなさんが元気に笑っているだけで、こちらとしても励みになります。年上の方と接するといつも思うのですが、同じように年齢を重ねていけるのだろうかと。僕が60代になったとき、仲間と一緒に笑っていられるのだろうかとね、思う訳です。

畑や田んぼの世話を頼まれたり、朝市への出荷をお願いされたり、店を出してほしいと言われたり、もうね、面白そうな話が舞い込んでくるそうです。でもだいたい断っています。あと何年生きられるか分からないから、小さく小さく何事もやっています。楽しそうにやっているから、そんな話がくるんですよね。もっと楽に行こうぜ、そう言われて背中を押されているように感じます。僕はその人達から生きる術を教えてもらえるから幸せです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。僕自身、今年は草刈りを必死に繰り返しやてきました。来年は何かの野菜を作りたいです。大根が良いかな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!