これからの広告屋



知人のデザイナーが独立しようか迷っていたので、やめておきゃあ、と言いました。サラリーマンの良し悪しではなくて、社会人としてもっと揉まれた方がいいと思ったからなんです。社会って広いですよね。いろいろな人もいますし。

自分自身、歯車が狂ったのか、独立してフリーランスで広告の仕事に携わっています。広告の仕事は、大きく分けると、媒体を扱う広告代理店とその制作を専門とする広告制作会社に分かれます。僕の立場は後者で、日々黙々と広告を作っています。で、これからどうしようといつも思うのです。誰もが広告を作れる環境が整った時代です。広告が効かないのも事実です。

じゃあ、どうするか。考えるしかありません。変わっていくしかありません。

広告屋の役割は三つあると僕は思っています。ブランディング、セールスプロモーション、商品開発です。ブランド力を高めるために長期計画を立てる、売上を上げる販売促進のための短期戦略を立てる、クライアントと一緒に新しい商品を開発していく、この三つなんです。現状のスキルや経験値から考えますと、商品開発は力不足です。ひざを突き合わせながら、クライアントと一緒に成長していきたい願いも含めるとブランディングがしっくりはまってきます。

やるべきことは簡単です。まずは自分のブランディングにとりかかり、仕事を増やしていけばいいんです。今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。誰もが広告屋になれる時代でもあります。競合が多いなあ。うむ。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。