本屋の閉店



街中の本屋が閉店してました。3年前くらいに、たまに行っていた所です。本屋好きにとっては、なんとも寂しい光景です。大通り沿いの店舗だから立地もよく、お客さんだって多く入っていたと記憶しています。なのに閉店。建物も解体されていました。

ネット時代になったから本が売れなくなったと僕は感じませんね。単純に、本を読まなくなった人が多いんじゃないかな。学生さんはとくに読まないという統計を見たこともあります。本を読む事以外に、たのしいことがたくさんありますからね。アマゾンの勢力も多いに関係ありそうですが。

僕の場合、本に費やす金額は、毎月1万円くらいでしょうか。新刊、古本、合わせて買います。毎週、本屋に通っています。なるべく、アマゾンで買うのではなく、地元の本屋、行きつけの本屋で買っています。生活の中で、どうしても足りない面を、ネットで補っていく、という考え方が必要になってくると思っています。そうしないと、地元にどんな本屋があるのか知らないままですからねー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。新しい本屋が開店することをちょっとだけ期待します。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!