自転車から見える風景



自転車を駆り出して出掛けました。ちょっと肌寒いけれど、ペダルをこいで進んでいくのは気持ちのいいものです。中学生は、半袖、短パンで、元気よく走っていましたね。

信号待ちしていると、自分勝手な楽しみがふつふつと沸いてきます。それは、一緒に信号待ちしている車と競争することなんです。バカですよね。でも、スタートダッシュは、僕の自転車が勝つんですよー。どうだろう、5メートルくらいは、僕が前を走っているのです。で、しばらくするとあっという間に抜かれますけど。

車の運転手は、当然、僕が勝手にライバル心を燃やしていることなど知りませんから、こっちに気づきません。でも、僕があきらめずに必死でペダルをこいで追い上げていたら、その運転手は足元をすくわれますな…。自転車の移動で、そんなことをぶつぶつと考えています。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。今回は、夜中にブログを書いています。影の努力を大切にしたいです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!