夢は作家です



オリンピック観戦しながら、自分の努力や夢を振り返りたくなります。案外、誰もがそうなんではないでしょうか。画面越しで見るオリンピック選手は、輝いています。でも、その過程となる辛さや苦しみ、重圧はわかりにくいものですよね。

僕自身、作家に憧れて、独学で書き始めてから、その講座にも参加してきました。とにかく書け、と先生に教わりながら、受講中は毎月のペースで短編小説を書いていたんです。2年間の受講を終えてからは、さぼってしまったのが現状です。一日のうちに、創作で使う時間はほとんどありません。まったく考えない日もあります。それじゃあ、作家になれるわけがないのだと思うのです。

なかなか時間を作れないという事情もあります。けれど、一日に1時間は作っていきたいですね。例えば、このブログを書くのに、約30分費やしています。この時間を創作にあてていきたいと思うのです。いつしかブログを書くことを使命としてきましたが、しばらく休息をとろうかなとね。ブログを書き続けられたという心の御守りができたんですから、次の高見を目指していきます。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。ブログの書くペースを下げていきたいです。オリンピック選手の姿を観て、心が動かない奴にはなりたくないですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!