本当のところ



冷えますね。コタツに入って、このブログを書いていますが、手がかじかんでしまい、タイピングがとても大変な状態です。春はもうすぐそこまで来ているのかな。出来れば、ほんの少しでも早く来てほしいですね。

作家になるのを目指して、小説を書いています。毎日でも書かなければ、とても作家になれるわけが無いと思っています。でも、中々そう毎日書けていないのが現実でもあります。書いていた方が、きっと本物の作家になっているのだと思うのです。毎日書けない理由は、いくらでもあげられます。じゃあ本当のところ、自分は作家になりたいのだろうかと、本気度を疑いたくもなります。なりますとも、作家にね。

少し前までは小説を書く講座に通っていて、毎月、短編小説を書いていました。巧い下手は別として。その頃に比べると、書く量は格段に減っています。それでも、作家になるためにはどうしたらいいのかな。だったら、構想を練る時間をもつ、好きな作家の本を読む、などがあげられそうです。でも、書かなければ作家になれないですからねー。書いた分だけ、やっぱりうまくなっていると実感できていますから、書くしか無いのです。教えてもらっていた先生からは、書け書け、書け書け、言われていました。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。このブログを書くことだって、作家への道のひとつだと思うのです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!