都知事選に思うこと



舛添候補が当選確実。都民の皆さんは、新しい知事をそう選んだ結果となりました。知事不在が続くのは都政にとって良くないはずですので、早急に舵取りを進めていただきたいと感じます。

今回の都知事選、脱原発を政策に掲げた候補者が出てきてから、それが争点になる気配があったことは確かだと思うのです。でも、この結果を見て、NHKの速報を見る限り、どうやら、脱原発は次点だったと読み取れます。都民が重視したのは、経済雇用、子育て、教育、福祉だったんですね。心情からするとそうだよな、と。生活の上で、足下の問題をなおざりにできないですから。

そうすると、脱原発というエネルギー問題においては、舛添候補が掲げた、段階的に依存度を減らす、というのが理にかなっていると言えそうです。東京だって、やらなければいけないことはわかりきっています。政治ってこういうことだよ、というのを見てみたいですね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。それにしても、当選確実とする報道は早いんですね。出口調査である程度わかるかもしれませんが、開票が終わる前に、決まってしまうんですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!