すげえぞ郵便システム



驚かされました。日本の郵便システムにね。今日のお昼12時頃に、市役所へ提出したい書類を持って最寄りの郵便局へ行きました。窓口でその書類を渡し、一般郵便で送っても良かったんですが、早い方がいいので速達で手配したのです。

無事にやることを終えてからランチを食べて事務所に戻り、しばらくデスクワークに勤しみました。その後、午後4時頃に1本の電話が入ったんです。見かけない番号でしたが、市内局番がこの地域だったのでつなぎました。すると、市役所からの電話でさっき送った書類の確認の電話でした。えー、もう届いたんですかー、と思わず電話口で叫んじゃいました。職員さんの対応はしごく冷静だったので、こっちが恥ずかしくなりましたが、とにかく驚きました。すげぞ、日本の郵便システム。

物を送ることもずいぶんと便利になりました。ヤマトや佐川もすぐに届きますからね。世の中に、データという見えない物が存在し始めてから、いくらかは実際の物の流通は減ったかもしれません。でも、こればっかりは無くなることはありませんよね。すると、早く届いた方がいいし、ちょっとでも安い方がうれしいに決まっています。今度の増税でハガキも値上がり(52円になるんでしたか?)するので、なんか寂しいです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。郵便や宅配は、人が運ぶために、勤勉な日本人に合っていそうですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!