自販機の珈琲はどうなる



自販機で缶コーヒーでも買おうかなと思ったときには、自販機がなかなか無くて、別に缶コーヒーなんか欲しくないときにぞろぞろ出てくると感じます。ちなみに日本全国で自動販売機は、なんと508万台もあるそうです(一般社団法人日本自動販売機工業会の調べ、2011年)。へえー。

やっぱり缶コーヒーの味は少し落ちるなと感じながら、ふと今度の増税後は値上がりするのかなと。現在なぜか120円(100円に消費税が加算されると、単純に105円ですよねー。経緯があったはずですが、その内容を忘れてしまっています…)だから、今度の増税分を充分に含んでいるので、上がらないと思っています。今のところ、値上がりのニュースを聞かないけれど、突然、発表されるかもしれませんね。

そもそも自動販売機は電気を使うので、この時代ではどんどん減らすべきだと誰もが思っているのではないでしょうか。コンビニのすぐ近くに、自動販売機があるなんて何だか滑稽でもあります。電気の無駄使いでしょう。そういえば以前、自動販売機を置きませんか、という売り込みがありました。ちょっと話を聞いてあげようと思ったら、この辺に自販機は少ないですよね、と売り文句が続いたので、すぐに帰っていただきました。そこら中に自販機がありますよ。自販機を付けた方が言うには、飲料が売れた分の儲けはほとんど電気代に消えていくそうです。なるほど。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。自販機でホット珈琲を買ったけれど、冷めていたのでがっかりでした。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!