あと30年を働く



知人と近況などを話していると、当然のように仕事の話題が出てきます。忙しい割にもうけが少ない、そもそも仕事が減ったなどと侃々諤々の時間が過ぎていきます。僕自身もフリーランスのため、とても大変で、新しい売り物を仕込んでいる最中なのですね。

なんでしょう、見据える先ってのも大切で、僕の場合、あと30年は働いていかなければ時代だと考えています。なげーですよね、30年は。体が持つのかなとか、このままやっていけるのかなとか、まあ色々考えちゃいます。ふうー。気が滅入ってしまうかもしれませんが、長期スパンでみてみると、今、焦ってやってしまわずに、じっくりと腰を据えてやっていこうとも思うのです。

力をつけるとでもいうのでしょうか。チャンスって必ずやってきますよね。そのときに、しっかりと対応できる心構えができていることが大切なんじゃないかな。身につけたスキルや能力は、すぐに役立つわけではありません。じっくりとエネルギーをためていき、いざというときに発揮するものですよねー。そのときまで、きちんと準備していきたいです。焦っている人が多いほど、チャンスが僕に回ってくるのかもしれません。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。足下ばかり見るのではなくて、たまには顔を上げて遠い未来に目を細めるのも良さそうです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!