行政サービスの拡充



最近、近所でガタンガタンと異音がし始めたんです。はて、なんだろうと思いながら、当初はあまり気にしていませんでした。けれど、いつまでたってもその音がおさまらなかったので、現場を見に行ってみたのです。どうやら、マンホールの蓋が緩んでいるようで、その上を車が通る度に嫌な音が出ていたんですね。疑問解決。

そして、放っておくと重大な事故につながるかもしれないので、早速行政に連絡しました。電話だと現場を伝えにくかったので、場所を示した地図を添付して、担当課へメールで送ったんです。ふと、金曜の午後4時に知らせても、対応がだいぶ遅れるのではないかとね思ったんです。行政窓口はだいたい午後5時までで、土曜日曜は休日です。どううまく進んでも、行政職員や外注業者が現場に行くことになるのは、週明けですよね。それまでに、事故が起こらないことを祈ります。

行政サービスも24時間受付とまではいきませんが、夜9時までやるってのはどうでしょう。勤務時間を変えるだけでも、ぐっと仕事に集中できたり、利用率が高まるのではないかと感じます。縦割り行政を壊すよりも、時間の壁を壊す方がスムーズに実現できそうです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。建物の老朽化も見過ごせませんが、インフラの老朽化対策もまったなしです。近所を見渡すと、ぶつけられて壊れている看板がたくさんあります。はあー。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!