開拓者の精神みたいなもの



愛知県尾張地方でも雪が舞いました。寒い訳です。いよいよ年の瀬。明日日曜日も、気温が低く、今夜降る雪が積もりそうな気配です。

お客さんの手伝いで、地主さん(お客さんのお客さん)の畑を開墾したのです。いわゆる耕作放棄地で雑木が生い茂っていました。文明の結集ともいうべき、草刈りの機会を利用してざくざく刈り込み、粉砕までもやっちゃうのです。素晴らしい。同時に手持ちの草払い機でも切り開いていき、さながら荒野を開拓する者でしたねー。雑木が切り倒されて、土にならされていく様は、まさにフロンティアスピリットを感じさせます。

木の匂い、土の匂い、土地を切り開いていく過酷さなど、昔の人はよく知っていたと思うと、人は退化しているのかもしれません。雪が舞ってきて空を見上げる、そんな感受性や風情も少なくなっているのかも。今年、自然の恵みを体全体で感じましたか。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。目前に開けた場所が出てくると、野菜を作ろう、花を咲かそう、家を建てよう、道をつくろうと次々に夢が広がります。世の開拓者は、次に出てくる開拓者を待っていますよねー。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。