テレビの廃棄に3,000円



年の瀬です。部屋の掃除をしていて、ずーと置物のようにあったブラウン管テレビをいよいよリサイクルに出そうと思ったのです。買ったのは、僕が高校生の頃。アルバイトして貯めたお金で買ったのをよく覚えています。自分の部屋にテレビが来たことが、でらうれしかったんですねー。

でも、時代の流れ、企業の思惑か、デジタル化の波が押し寄せて、あえなくお役御免となったのです。変換機を使えば、まだ使えるテレビでしたが、そこまですることはありませんでした。画もきれいに映らないことですしね。結局、新しくテレビを買わずに、ノーテレビと落ち着きました。とくに不便はありません。

そのテレビをリサイクル業者に持ち込んだのですが、廃棄に3000円かかると言われました。そういえば、親が有料だがね、と言ってましたから、そんな時代なのでしょう。リサイクルすることで、社会や誰かの役に立てれれば良いのだけれど、リサイクルできずにただのゴミとなってしまうのは惜しいです。でも、周りを見渡すと、ただのゴミになってしまう物が、部屋の中にまだたくさんあるのが現実です。年の瀬にこそ考えたいですね。今年一年、どんな物を買ってきたのだろうと。無駄遣いがあったのかしら。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。古いプリンターなどは引き取ってくれました。ありがたいです。年末に向けて、まだまだ増えそうです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。