性善説か性悪説か



路上殺人事件のニュースを観ました。あたかも遠い場所で起こった事件のように感じますが、その場所は日本国内の千葉県です。被害者の方のご冥福をお祈りします。

現状、加害者の男は逃走中のようですが、時機に逮捕されるでしょう。動機は恋愛感情のもつれと推測されています。はあー、包丁を持ち出し、人の命をあやめるとは…。この事件は、逃走者の逮捕で終わってしまいますが、世の中に問うことは大きいと感じます。何が起こるかわかりにくい世の中ですが、誰が何をしでかすか分からないのかもしれません。

トラブルを未然に防ぐために、行動していかなければいけないのだと思うのです。確認、念押し、警戒、予測など、五感をフルに使っていかないといけないですね。人間は生まれながらにして善なのか悪なのか。根源的な問題ともなりそうです。性善説か性悪説か。それを判断するのは、自分のはずなんですけどね。他人のせい、社会のせいにしていやしないかと感じます。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。このブログを書くのに、約30分も費やしてしまいました。明日もぜひ僕のブログにお越しください。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!