浅田次郎「鉄道員」



珠玉の短編8作品からなる作品集。

作者が信じている奇蹟が大小集められている。命をかけた鉄道員や、子供を捨てた父を憎まず誰にも負けなかったサラリーマンにその奇蹟が起こります。タイトルにもなっている『鉄道員』は、不器用な仕事職人が情景に緩やかな切なさがあります。『うらぼんえ』は、日本古来の風習が心を震わせます。どの作品から読んでも、感涙をこらえるのに忙しいですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。