浅田次郎「月下の恋人」



11編の短編集です。長編作品の一切の無駄を省いていった結果の作品が続きます。

タイトルにもなっている「月下の恋人」の話は、“私と死んでほしい”と彼女が切り出します。現実味のない言葉に僕は決心します。ふたりが目にする不思議な光景とは。女性が願う美しい人生の話を綴る「回転扉」は一押しです。

見えないものを見たり、聞こえないものを聞いたりする幻想的な設定が多いです。誘惑的な言葉に、一気にその世界に引き込まれていきます。読後感は程よい余韻が残り、すぐにもう一度読み返したくなるような愛しさを感じます。

主役は季節であり、登場人物たちはその風景の中を動き回ると作者のあとがきで書いてあります。でも、登場人物も見事な描写できちんと主役をはっている作品です。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!