浅田次郎『オー・マイ・ガアッ!』



アメリカンドリームを具現化した都・ラスベガスが舞台の作品。

その街で史上最高額5,400万ドルのジャック・ポット(大当たり)が出た。賞金をもらう権利を3人の落ちこぼれが主張し、それぞれの人生があらぬ方向に進んでいきます。幸運は誰の手にもたらせられるのか。ホテル関係者やスロット台の管理会社も巻き込んで、一代ドタバタ劇は最高に盛り上がっていきます。天の声のような作者のつぶやきページがあり、ラスベガスへの愛情が感じられて面白いですね。ホテルや街の表現も細かく、ラスベガスがちょっと見近に感じられます。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。