障がいを持っている子の接客



本屋が好きなんです。どうだろう、週に一度は行きつけの本屋に立ち寄っては立ち読みしたり、ドカ買いしたりしています。今日も、プレゼント用の本を買うために、仕事終わりに出かけました。

夜も遅い時間帯でしたが、僕と同じような本好きが集まり心地よさを共有。目的の本を探し出してから、レジに向かいました。プレゼントなのでラッピングも店員さんにお願いしたら、なぜかその店員さんがおどおどしながら接客するのです。新入社員かバイトの子かなと思っていましたが、ラッピングをどれにしますか、と言って差し出した手元をふと見ると、その理由がわかりました。手に障がいを持っている子だったんです。

ごめんなさい、少しビックリしました。どう対応したら良いのか一瞬わからなくなりましたが、ひとりのお客として振る舞ったと振り返ります。僕が知っている社会はまだまだ狭いと感じます。その子は仕事に対して懸命でした。僕も頑張ろうと思いました。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。大切なことって、自分で考えるのではなくて、教えてもらうのだと思うのです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。