秋バテなる表現



半袖で出かけましたが、仕事から帰る際には半袖だと肌寒いですね。何を着ていいのやらと、悩ましい季節の狭間ですね。暦では、秋のはずです。

猛暑がすでに懐かしいのですが、気温差は相変わらず続いていて、秋バテ、なる言葉がNHKニュースで飛び交っていました。夏バテと同じ使い方で、秋に体がだるくなることだそうです。結局、季節の代わり目ごとに、日本人は体調を崩すのだといえそうです。体が弱くなったのか、気候が著しく変化しているのか、よくわかりませんが、秋バテをいいように使って人生をサボってしまいそうですね。

今までに無い気温差で、体が変調を訴えているのだといえそうです。去年と一緒、平年並み、というデータは当てにしない方が良いのかもしれません。何にしても、しっかり食べて、ぐっすり眠ることは、いつも大切だと僕は思っています。健康管理が一番の仕事ですからねー。

今日も僕のブログにお越しくださり、ありがとうございます。女性にとっては、いつからブーツを履くのか、悩ましいところですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!