ボランティア講座を受けました



少しずつですが、ボランティア活動に携わる機会が増えて、今日にはその勉強会に参加することが出来ました。参加メンバーは、一宮市以外の各地域で活躍されている皆さんです。市民活動支援センター、社旗福祉協議会、行政と所属は違えど、誰もがボランティアスピリットを持った方ばかりです。

講座でも議題にあがりましたが、ボランティアって何か。講座では明確な答えは出ませんでした。このブログでもそれについて掘り下げて行くことは出来ません。大切なことは、ボランティア活動によって、社会がどう変わって、人がどう変わっていくか、ということに尽きると思うのです。何も変わらない、では続ける理由になりません。

この社会において良いことをもっと良くして行こう、というのではなくて、悪いこと(問題)を解決して良くして行こうとするのがボランティア活動です。その類いの参考書やパンフレットを読むだけでは何もわかりません。現場で培って行かなければ、ボランティアの正体をつかめないのですねー。仕事でもそうなんですが、誰もやりたがらないことをやるのが、社会貢献の道だと感じます。いずれにしても、やらない人より、やっている人の方が輝いているのは確かです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。任意団体を立ち上げる準備に入っています。3年後くらいの姿を描いて行きたいですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!