はつらつ農業塾の修了



2日続けての変な天気ですね。地元の愛知県一宮市で開催される「一宮七夕まつり」の時期にちょうど合わせて天候が不安定になるんだから、天気の神様もニクいねえ。明日、明後日くらいは晴らしてください。

本日、一宮市とJA共催の「はつらつ農業塾」を無事に修了できました!若干、出席日数が危なかったのですが、とにかく頑張りました。振り返れば、2年間もやってきたのです。ほぼ毎週金曜日の午前中を畑仕事に精を出して、たくさんの野菜を収穫してきました。早いものです。一番の思い出は、やぱり畑で穫れたての野菜をかじって食べたことでしょうか。甘いんだか、苦いんだかの、初体験の味なんですが、おいしいんです。

僕にとって「はつらつ農業塾」に参加することは、挑戦でした。実家に畑があることもあって、何かしら畑作業を身に付けておこうと思ったのです。本業をやりながらの参加ですから、体はしんどかったですねー。それでも、土に触れて、野菜に触れて、仲間が増えて、いいことばかりだったと思います。もちろん、これからも農業仲間と一緒に、いろいろ活動していく計画です。農業への規制緩和がどうなるのかよくわかりませんが、農業の需要性が高まっていくのは目に見えています。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。たった2年では、農業のことはわかりません。これからも挑戦したい、と思える魅力が農業にはあるのです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!