飲み会においての自己紹介



この前、合コン的な飲み会に幹事として参加しました。参加者の誰もが楽しそうに語り、飲んで、食べていたのでホッとしています。そして、連絡先の交換もできて僕自身の役目は果たせたと思っています。

で、その飲み会で気になったことがありました。飲み始める前に、自己紹介の時間を設けたんです。自分から切り出していき、順番に回っていくようにしきりました。女性の番になってみると、自己紹介が得意じゃない、と言って、名前だけを伝えた子がいたのです。どう捉えていいものか難しいですよね。恥ずかしがりやなのか、単にめんどくさかったのか。ちょっと寂しかったのは事実です。

自己紹介って難しいです。けれど、飲み会の場では、多くを望んでいませんよね。飲み会に慣れる必要は無いけれど、恋愛したいと思うのならば、何か一生懸命になるのが自然です。幹事として、どう進行するのが良いのか、悩みました。女性の皆さんは、どんな想いで合コン的な飲み会に来るのかな。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。自分を知るために恋愛するべきだと思っています。ひとり旅よりも、彼女を作ったほうがよっぽど、自分のことがよくわかります。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!