グーグルマップの微妙な誤差



蒸し暑い中、知人のキノコ栽培場へ行ってきました。初めていくところなので、事前にグーグルマップで調べてから向かったんです。とてもわかり易い目印があり、さらにほぼ県道沿いだったので、迷うことなく着くだろうと思っていたのです。

で、実際に行ってみると無いのです。あれっと思って、その辺りをぐるぐる徘徊したんですが、見当たりません。おこしいなあと思い、車から降りて、もう一度スマホでグーグルマップを覗きました。そしたら、マップが示す場所には、普通の一軒家が立っているだけなんです。あれれ、一体どう言うことか。ひとりで迷っていても、埒があかないので、たまたま草むしりされている方に訪ねたら、ああ、すぐそこだよ、と道路の向かいを指差します。その先には、キノコ栽培をやっているであると遮光シートに囲まれたハウスがいくつも並んでいました。

グーグルマップが示す、県道の東側ばかりを見ていたのが原因でした。実際はその西側にあり、冷静に見ていたらすぐに見つかりそうな大きさなんですねー。グーグルマップの微妙な誤差があったのです。スマホの元は暗かったのでした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。グーグルマップが絶対じゃあないなあ。道を尋ねるのが一番いい方法だと思いました。そういえば、スマホでグーグルマップを見る環境が整っているので、そんな道を尋ねる光景って少なくなっているのかな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!