写真撮影は楽しい



この前、知人に頼まれてイベント風景を撮影するカメラマンを引き受けました。お世話になっている方でもあり、プロではないのでもちろん無料です。カメラの使い方に少なからず不安はありましたが、やってみると面白かったです。

優れているカメラのため、ほとんどがオート機能で撮れるから便利です。慣れてくるとズームとかも試したくなるのが、素人的発想だなと振り返ります。光の加減がもろに写真に影響したり、動く人物を捉えるのは難しいなど、とても勉強になりました。

カメラを構えると、いい気分になり、ちょとだけ優越感にも浸れます。強くなったような錯覚にも陥るのだと感じます。被写体の表情がとても良いし、ピースサインを出してくれるととてもうれしいですね。気を付けたいのが、写真が嫌いな人もいること。写真を撮るにもマナーが必要ですよね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。俄然、カメラが欲しくなりました。ハンディタイプのカメラが壊れたので、そろそろ次を考えていたのです。いよいよ一眼レフか。でも高いなあ。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!