草刈りでわかったこと



ここ1ケ月くらいでしょうか、畑の草刈りに精を出しています。もうこれがね、体力勝負なんですよ。ほんの3時間程度だけ、畑で汗をかいていますが、もうヘトヘトになります。草がどんどん刈り取られて行く楽しみはありますが、毎回とても苦労しています。

いろいろ訳があっての作業なんですが、愚痴のひとつも言いたくなります。実際に内心は思っています。どうして俺がやらなければ、とね。でも、俺がやらなきゃ誰がやるんだとも思うのですね。本業の仕事を早目に切り上げてやるのですが、僕と同じようにやっている人もいるのだろうと勝手に想像しています。

ふと、自分の親もそうだなと思いました。今ではほぼ専業で農業に携わっていますが、昔はいわゆる兼業で、仕事をしながら農業に携わっていました。そう思うと、親がやっていたんだから、子供は見習ってやりたいものだと納得するのでした。案外、良い手本は近くに存在するんですよねー。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。農業を何とか盛り上げようとする試みが多いです。自給自足の家が増えてくると、エコ活動にもつながると思います。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!