吉野家の牛丼280円



吉野家の牛丼をランチで食べました。並盛が280円。デフレ脱却を目指す日銀や政府に反するように、値下げした吉野家。素晴らしい企業努力だと感じます。国民食まで辿り着いた結果でしょうね。

そんな吉野家の頑張りに呼応するように、ランチタイムは繁盛されていました。誰もがおいしそうにほおばっていました。だいたいの方が、丼ものに汁やサラダを付けているので、合計としては500円くらいです。僕もとん汁とサラダを付けたので500円でした。これが狙いです。それでもやすいなあ。

ひとり暮らしのときは、ほんとうによくお世話になりました。自分へのご褒美で大盛りを頼んだ日を思い出します。時が流れても、吉野家の味は変わらないです。もしかしたら吉野家のような企業努力は、物価上昇施策やTPP交渉によって大きく影響されそうです。消費税還元セールの文言に至ってもそうですよね。税込み表示の規制の際の騒動と似ています。

有事に強い吉野家。これからも並盛のファンでいたいと思うのです。今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。ご飯を食べているときは幸せです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。