店内が暗すぎる



店内のライティングは印象を大きく左右します。
きらびやかな明かりにはゴージャスさを感じ取り、照明を落とした雰囲気にはしっぽり感をいだきます。問題なのは、暗すぎる店内なのです。視力が落ちるため、メニューだって読みにくく、気持ちも沈んでしまうものです。
店内の汚れやイスやテーブルなどの備品の破損を隠しているのでは、と勘繰りたくもなります。まして合コンの場合、相手の顔が見にくいというデメリットだって発生します。
幹事としては、その店内の暗さをどう有効に使うのか、考えてお店選びをしていきたいですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。