ふらりと居酒屋へ



蒸し暑い夜ですね。秋の準備をそろそろ始めたいけれど、まだ早いぜよと季節が言っているようです。まあ、残暑がありますからねー。

ふらりと居酒屋へ寄ってみました。初めて行く場所で、小さな看板を掲げたこじんまりとした店です。引き戸を開けて入ってみると、いらっしゃいの声もなく、常連さんにちら見されました。第一印象は悪いね。うん。店内が極端に薄暗いのが気になりましたが、まあ、酒と料理が美味しければそんなことはどうでもいいんです。残念ながら、カウンターが所々で剥げていて、食欲が減速しますね。ほおって置かれるのも苦になりませんが、初めての客なんで何かしら声をかけてもらってもよかったかな。

ほどなくして別の常連客が見えました。で、オーナーも混じって競馬の話で異様に盛り上がる状態です。構いませんよ、楽しく会話していただいて。僕としては、ああ、こういうお客さんが多いんだなという印象を持ちましたけどね。周りに競合が少なかったり、いなかったりすると、やっぱり店づくりは中途半端になるんだなと感じましたよ。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。その店にまた行くかって?しばらく期間を置いてからなら、行くかもしれませんね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!