別れ際のひと言を大切に 095



飲み会を終了して、会場の外に出てからの別れ際をきちんと演出します。合コンの場合、連絡交換の時間が必要ならば遠慮せずに申し出ます。持って来たガムやアメを参加者に渡すタイミングでもあります。
宴会の場合、幹事は参加者を見送ってから最後に帰ります。別れ際の幹事の大切な役割は「ありがとう(ありがとうございました)」と言って、別れるきっかけを作ることです。参加者が会場の外で集まって、ぐずぐずしてしまうのを避けるために、何か言って別れるのです。参加者は、幹事の別れ際のひと言を待っているものです。会場の外で話し込んでしまって、参加者が帰りにくい状況を作ってはいけません。「気を付けて帰ってください」「またね」「楽しかったあ」などと、親近感の持ってもらえる言葉を掛けていきます。飲み会の別れ際を、おまけのような楽しみで充実させることが、参加者の満足感を高めるのです。

幹事は飲み会の別れ際に ひと言を掛けて存在感を高めること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!