退屈そうにしている人を見過ごさない 078



飲み会が盛り上がってきても、退屈そうにする参加者が出現する場合もあります。その参加者は、他ごとを考えているため動きが止まるものです。逆に、料理を食べるスピードやドリンクを飲むスピードが早くなる傾向もあります。
トイレに行く回数が増える参加者に至っては、退屈しのぎで席を立っている場合があります。そのような兆候が出てきた参加者を見かけたら、幹事はすかさず話しかけるのです。
または、退屈そうにしている参加者に話しかける指示を、サブ幹事や盛り上げ役に出します。気を使い過ぎて話し込んでしまうと嫌がられるため、適度なタイミングで話しかけます。高圧的な態度を示されるかもしれませんが、根気よく接していくのです。幹事は、退屈そうにしている参加者が会場で孤立しないように、会話に入りやすい雰囲気を作ってあげるのです。決して「退屈そうですね」「つまらなさそうですね」と言ってはいけません。

幹事は退屈し始めた参加者に対して 早めにフォローすること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!