注文で絶対に外せないドリンク 038



飲み会の合い言葉といえば「とりあえず生」です。ドリンクの注文で生ビールは欠かせません。宴会の場合は、生ビールの変わりに瓶ビールとなります。もちろん、アルコールが飲めない参加者のためには、ソフトドリンクを頼みます。
飲み会が盛り上がってくると、ドリンクを飲むペースも自然とあがってくるものです。ドリンクを口実に、会話のきっかけが生まれてきます。宴会ならば日本酒を酌み交わして、上司と部下、先輩と後輩が無礼講に語り合います。合コンならば、幹事は生ビールを1杯か2杯にしておいて、その後は焼酎などお酒の種類を切り替えます。参加者が「次は何を飲もうかな」と思案するように導いて、ドリンクのメニュー選びを楽しんでもらいます。ワイン、ウィスキー、カクテルなど、いろいろなドリンクを味わえる場にしていきます。ただし、たくさんのドリンクをちゃんぽんに飲んでしまい、悪酔いの参加者が出ないように注意します。

飲み会の目的にあったドリンク選びで 会話のきっかけを作っていくこと



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。